愛知・名古屋で一番信頼の弁護士事務所-木本総合法律事務所-生活・ビジネスの相談 みなさんの立場で考えます

  • 金融商品のトラブル
  • 相続・遺言のご相談
  • 離婚のトラブル
  • 破産・債務整理
  • 不動産のトラブル
  • 交通事故のトラブル

債務整理

業務概要

まず取立て中止から 法テラスの利用による低廉な弁護士費用で多重債務、保証の問題で悩んでおられる方は、当事務所にご相談ください。

任意整理、特定調停、自己破産、個人再生など、実情に合った解決策を見つけましょう。

当事務所がいずれかの債務整理手続の依頼を受けますと、クレジット、サラ金、銀行等の債権者に宛てて受任通知を発送すれば、貸金業法の規定により、皆さんに対して直接の取り立てが止まります。まず、この取立てを止めてから、債務整理の方法について考えて行くことになります。

当事務所では司法支援センター(法テラス)契約事務所として、同センターの民事扶助を受けたうえ、弁護士費用の立替え、分割払い(月額5千円から)の方法による債務整理を行っております。

売買代金、請負代金、賃金等の労働債権について、ご相談及び事件受任を致します。
当事務所では、金銭に関する債務名義(判決等)取得前の民事保全処分、債務名義取得後の強制執行等の手続も受任しております。

このような場合にはご相談ください

自己破産・免責 ~ 債務が法的に免除され 再出発に適します

自己破産は収入、財産等が不足し、債務の返済が行えない支払い不能の状態で、裁判所による免責が認められれば、法律的に債務の支払義務を免れる制度です。
事案によって自己破産が適切か、その他の民事再生、特定調停、債務整理が適切かの判断が異なります。自己判断をせず、何はともあれ、専門家にご相談下さい。
あなたの立場に立って親身に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

過払い金返還請求 ~ 支払い過ぎた利息が返還されることもあります

消費者金融等の貸金業者の大半はこれまでは、出資法の上限利率である29.2%ぎりぎりで貸付をおこなっていました。しかし利息制限法では上限利率を『10万円以内=年20%』『10万円以上100万円未満=年18%』『100万円以上=年15%』と定めています。

この金利の違いこそ大きな社会問題になっているグレーゾーン金利と呼ばれるものです。現在返済中の債務についても、グレーゾーン分の金利を多く払いすぎておられる方があります。その場合、貸金業者に返還請求を行うことで、過払い金が返ってくるケースがありますので、思い当たる場合は一度お気軽にご相談ください。

債務整理(任意整理) ~ 取立てを中止させ 支払い限度で債務が整理できます

法的に返済額を減額して(原則として借入れ残額の元金のみを分割して返済するという方法で交渉します)、支払える範囲内で各債権者に返済を続けていく借金整理の方法が債務整理(任意整理)です。弁護士が代理人となり、依頼を受けた時点から、依頼者(債務者、連帯保証人)への取り立て請求などもストップ。家族や会社に借金問題を知られることもありません。自己破産や民事再生のデメリットを伴わずに、借金問題を解決していける方法です。

個人民事再生 ~ 住宅ローンの支払いを続けたまま その他の債務の整理ができます

不動産等の財産を維持したまま債務を大幅に減額した上で、借金を返済していく手続きです。処分されたくない不動産のある方や、自己破産をすると資格を喪失し職業を継続できなくなる方に有効な手続と言えるでしょう。

ページの最初に戻る