愛知・名古屋で一番信頼の弁護士事務所-木本総合法律事務所-生活・ビジネスの相談 みなさんの立場で考えます

  • 金融商品のトラブル
  • 相続・遺言のご相談
  • 離婚のトラブル
  • 破産・債務整理
  • 不動産のトラブル
  • 交通事故のトラブル

書籍名:離婚

著者:和久俊三
出版社:中公文庫

書籍名:離婚

離婚訴訟の主要な論点が網羅された法廷推理小説です。現職の弁護士が専門知識を踏まえたうえで小説を執筆されていますので、離婚に伴う調停、訴訟手続を判り易く理解することができます。ただし、本小説発刊後、家事事件手続や人事訴訟手続は改正されたことは念頭に置くべきです。しかし、その点を割り引いてもなお貴重な小説であるといえます。

離婚紛争に発展する夫婦が、別居する前や、別居時に夫婦が子の監護について話し合わないで子供を連れて別居した後、子を奪い合い、刑事事件、調停、審判、人身保護請求事件等に発展する場合が多いのですが、本書では各手続を小説の中で体験できます。

国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約に批准した日本では、特に国際結婚した夫婦間での子の奪い合いは国際犯罪になることも考えられます。本書では子の奪い合いに関して特に考えされられる場面が重要シーンで描かれています。その意味で、離婚後の子との面会交流問題を真剣に考える契機となる小説といえます。

ページの最初に戻る